未分類

ブログを洗練するとしたならば

GIGAZINEに面白い記事があったので記録
10年間ブログを書き続けてきて学んだ「人気ブログを書くための秘訣」とは?

11歳の頃からブログを10年間書き続けた人の工夫まとめとのこと。
要点としては以下の通り。

  • ブログを書く目的や読者層を考える
  • ブログの名前を考える
  • ブログのスタイルを考える
  • 書き方を考える
  • 本文は修正する

趣味的なブログだとしても、読者が何を求めているのかを意識しないといけない。
読者は期待していても、わざわざ声がけしてくれるわけじゃないから。

文章の言い回し、語りは個性を生み出す。
読者層を意識した言い回しをしなくてはならない。
著者の例、「英語の難しい言い回しをしないで明確で分かり易い表現にする」は学ぶべき部分。
視覚的表現を使えるのは目立つために利用できる。

タイトルは内容を記述することはない。
読者に響くもの、自分が興味を持てるような言葉をひねり出す。

記事内文字数は700~800語程度が良いとか。
2,500語を超えると、閲覧数は下がる?
多くの研究を行い、品質を高める。

書いてから後日、文章を修正する。
無駄な単語をけしたり、読みやすくするために太字を入れたり。

この手のノウハウ記事みたいなものは、散々出回っていたけれど、改めて自分も考えていこうかなと。
自分が書いてそれでいいや、とか思って書き殴っていたけれど、それではWebに後悔する意味もないし、後々自分で読み返してもつまらない時が多々あったので、修正していきたい。