GitHubを使い始めてみる

これが何なのか意味わかってないよ

巷で話題(数年遅れ)のGitHubを使ってみたのです。
仕組み自体わかってないけど、なんか便利そうな奴でソースコードを外部に公開したり記録代わりに出来るみたい。
テストサイトを残すのに便利そう(使い方あってるのかな?)なので利用してみる。

 

GitのWebサービス版

Gitと呼ばれる「バージョン管理システム」というものをWebサービス化して使い易くしたものみたいなそんな感じらしい。

初心者向けにGUIで!Gitとは?とバージョン管理の使い方

履歴を管理するリポジトリ【Gitの基本】 | サルでもわかるGit入門 〜バージョン管理を使いこなそう〜 | どこでもプロジェクト管理バックログ

Gitについてはこの辺りでも読んで後々調べよう。
設定は面倒だけど、環境構築出来ると便利そうだ。

リポジトリとかいう単語が、死ぬほど出てくるので最初はノイローゼになりそう。

どうでもいいけど、サルでもわかるだの猫でもわかるだの記載されて理解出来ないと、「自分は動物以下なんだな」とつくづく身に染みる思いをするのは気のせいだろうか。

 

GitHub登録とか

【初心者でもわかる】GitHubとは?とざっくりな使い方

またしてもこちらの記事を参照しよう、他力本願だね。
GitHubは全面的に英語表記なんだ、国際化の波に飲み込まれそう。
あってよかったGoogle翻訳。

 

GitHub Desktop

GitHubの管理が便利になるという、デスクトップアプリを導入してみる。

インストラーラーを起動してみると、すでに「日本語は共通語じゃねぇんだぜ?」宣言の告知を受けてしまうほどのイングリッシュTOPが出てきてしまった。
でもネット上の頭のいい人達が記事を残してくれているので、怖いものは無いぜ!

 

オゥフ!操作画面も英語…。中々良いパンチを効かせてくれる。
とりあえず使っていけば慣れるだろう…。

クローン

自分のPCにあるフォルダと、GitHub上のフォルダを同期させるような感じ。
PCフォルダ(ローカル)側を更新すると、Web上のファイルも更新されるようになる。
合わせて更新履歴も残るので思わぬ上書きをしても、過去に戻れるというのがGitの醍醐味のようだ。

使ってみて初めてわかった。

 

フォーク

相手のファイルをダウンロードしてきて、自分のフォルダに入れて利用させてもらうというやつらしい。

公開している便利なソースコードとかを頂くときに使うようだ。

 

プルリクエスト

フォークで頂いたファイルを変更したさいに、元制作者に「コードを修正してくれよ!」って通知をする奴らしい。

バグとかあったときに教えるのかな?
意味も無く通知来たら張り倒したくなるね。

 

 

ざっと個人的に初めてGitHubを触ってきたメモを残し。
他人のソースコードとか眺められるみたいだから勉強がてら覗くのもいいのかもね。

これでサイト公開出来るって聞いたんだけどどうするんだろう。

 

そんなこんなの記録でした。